キャリアカウンセリング

皆さん、おはようございます。昨日は、Fコミュの撮影で法政大学のキャリアデザイン学部の教授をしていらっしゃる宮城まり子先生の所にインタビューに伺いました。

キャリアカウンセラーではかなり有名な方で、臨床心理士のご経験も長く、病院等でも臨床活動に従事されてこられたお偉い先生なのですが、これがまた、超美しい方で、昨日のPICCOLINAさんの日記にもありました市谷の桜も見事でしたが、それに勝るとも劣らない、優雅で上品な先生が、優しい声でキャリアに語るお話は、どれも胸を打つ、心の琴線に響くものばかりでした。女性のキャリアについて、若者へのメッセージ、本当のキャリアアップとは?、キャリアに悩む方へ、転職を考えている方へ、等など盛りだくさんですので、是非アップを楽しみにしていて下さいね!

では、皆さんにとって、素敵な桜WEEKとなります様に。

庄司祐子


Improving Quality of Management Education

皆さん

こんばんは。

今日はちょっと固いお話になるのですが、私がお手伝いしております、ABEST21 http://www.abest21.org/jpn/index.html というNPO法人ですが、文科省の認可を受け、専門職大学院の認証評価を行う認証機関として一昨年発足した団体ですが、今回、4大学(一ツ橋、筑波、青学、神戸)の社会人大学院(MBA)がグローバルな厳しい審査の中、認証評価を受け、4校とも見事合格し、本日めでたく授賞式が行われました。このABEST21は,多元多様な事例の集積と国際的な視野の元、グローバルな認証評価システムモデルの開発を行っています。中国、韓国、タイ、マレーシア、ロシア、メキシコ、そして日本という7カ国の主だった大学の教授達によって組織され、ダイバシテイマネジメントの考え方のもと、アジアを中心とした世界基準のMBAの質の改善と保証を担保する為、年に数回のカンファレンスやシンポジウムを開催する等、企業も巻き込んだ産学連携、グロバールな活動を行っています。日本でも国内MBAは軒並み増加する傾向にあり、その内、淘汰が始まるのではと言われていますが、PreMBAの方々、特に国内の社会人大学院への通学を考えていらっしゃる方にとって、今後どの大学院を選ぶかにあたって、一つの指標となるのではないかと思っています。今日、記者会見が行われましたので、明日の朝刊に記事として載る様です。 ちょっと、マニアックというか固い話になってしまいましたが、私自身もこの問題に深い関心があり、別のNPO団体で活動を行っています。また、改めてこの件について書かせて頂きます。

庄司祐子

?


頑張れ!就活

皆さん、こんばんは。今日も風は強かったですが、すっかり春の暖かな一日でしたね。早春 というのでしょうか?これから何かが始まる様なわくわく感、何か新しい事を始めたくなる季節、この時期が1年の中で一番好きです。先週は卒業式で袴姿の女子大生がちらほら見られ、昨日、今日は就活最前線、定番の黒いスーツの女子大生の闊歩する姿を多く見かけました。特に女子ばかり目立つのは気のせいでしょうか?先日とあるセミナーで、講師の方が、これからは本物のみが生き残る時代とおっしゃっていました。一昨年に比べて、今年は就職も凄く大変になってしまいましたが、この時期を乗り切ったら、また新たな嬉しい春が来るから・・。厳しい時代ですが、女子大生に頑張って~!と思わずエールを送りたくなった日でした。

庄司祐子


ものづくりとデザイン

皆さん、こんばんは。先日、当Fコミュサイトの人と環境にやさしいカンパニーシリーズでご出演頂いているホッピ-ビバレッジの石渡副社長のPOD CAST http://career-finders.net/sme2/category/m-ishiwatari/のアップ前の確認をしていた処、ご本人から電話があり、「お陰様で、早稲田のMOTに受かりました!」という喜びの声が・・。 このままじゃ、アイドル社長で終わってしまうからと、自ら社会人大学院MOTの道へ。自分に投資する心意気を学んで貰おうとする、これは石渡美奈副社長からの社員への熱いメッセージでもある。 今やセミナー等でひっぱりだこのホッピーの美奈さん、実はJCの私の後輩でもあるが、いつも前向きなひたむきな姿勢には、励まされる。

ところで、今日は埼玉にある、ものづくりの会社、プラスチック成型部品生産の企業を訪問し、工場を見学・撮影させて頂いた。何台もの機械が作動する中、様々な形の部品が作られていき、人間の眼の最終チェックの後、ユーザへと配送されていく。今回の撮影のテーマは、大学で学んだ知識や技術と、社会に出てから必要とされるスキルとのギャップを埋める為の様々なインターフェースを探るということ。今後、ものづくりとデザインのコラボレーションの必然性は更に高まる中、ものづくりの中小企業のニーズに合致した若手デザイナーの高度人材育成が要望されている様です。

今日は久しぶりにいいお天気で春らしい一日でしたね、今にも芽が吹き噴出しそうな蕾みの木々を見ながら、春爛漫を楽しみに・・。もうすぐですね、春・・。

庄司祐子


キャリアコンサルティング

こんばんは。今日はある女性の方がキャリアのご相談にみえ、女性のキャリアについて色々とお話をしていました。男女機会均等法が施行されたからといって、やれダイバシティー・マネジメントといっても、旧態然とした会社の体質が変わらない限り、男性の意識が変わらない限り、相変わらず、女性にはガラスの天井が控えており、優秀な女性が伸び伸びと仕事をし、活躍出来る環境に変わっていくことって時間のかかる事なのでしょうかね?等と話していました。  

キャリアといえば、今日はビックニュースがあります。エリトリア大使の1話目が愈々アップされました。http://career-finders.net/videocast2/e-afeworki/e-afeworki_profile/ 物凄い、重みと迫力で語る、大使のキャリア。「勉強して頭でいくら考えても、大事なのは心。バス旅行で出会った貧しい人々のことが頭から離れず、自分の個人的なキャリアと他者への関心の板ばさみでずっと悩み、最後には自分の心に従う道を選んだ。頭で考えるのではなく、心に従い変革することを選んだ」と。正に、内なる声に耳を傾け、自分の人生を賭けてその道を選ばれたのですね。

大使とは、そのレベルの差はあるとしても、私自身も何年間も自分のキャリアについて悩んでいた時期がありました。一生続くのではないかと思った程、ずっと悩んでいました。しかし、本当はそれがずっと続く訳では無く、あるきっかけで、こうしようと決めて、行動に移した時に何かが変わり始めた様な気がします。内なる声に耳を傾け、決めたら、行動を起こす事が大事なのでしょうか。それにしても、悩みは人間に付き物なのですね・・。悩みこそが、成長の原動力になるのかなと・・。ちょっと重たいお話になってしまいましたが。。

では、また!

庄司祐子

?


第1回「MBA軽井沢セミナー&コンサート」

NPO法人MBAキャリアデザイン研究所では、国内MBA価値向上の為、MBAホルダーのキャリアデザイン研究の活動を行っております。此の度、夏の特別企画として、ビジネスマネジメントと音楽というちょっと変わった組合せ・趣向で、イベントを開催する運びとなりました。暑すぎる都会を離れ、右脳・左脳の筋トレも兼ね、涼しい軽井沢で最後の夏をお楽しみ頂ければと思います。皆様方の奮ってのご参加をお待ちしております。


Summer Business Seminar at Union Church in Karuizawa

「軽井沢とマーケティングプラン」~ケーススタディから学べること~

日時
8月30日(土) 14:30 開場
15:00~17:00 講演
会場
軽井沢ユニオン・チャーチ http://church.ne.jp/kuc/jp/
講師
宮下 篤志氏
立教大学講師, フェリックス・パートナーズ(株) 代表取締役
http://www.felix-partners.com/
山本 雅文氏
パナセコミュニケーションズ株式会社 代表取締役社長
http://www.panacee.ecnet.jp/img/company.pdf
会費
1,000円(教会への献金等)
主催
NPO法人MBAキャリアデザイン研究所 http://www.mba-career.net/
お申し込み
参加ご希望の方は、セミナー並びにコンサート共々、氏名・所属団体・連絡先をご記入の上、info@mba-career.netまでお申し込み下さい。

Summer Night Concert at Wakita Museum in Karuizawa

Summer Night Concert at Wakita Museum in Karuizawa

日時
8月30日(土) 18:00 開場
18:30~ 開演+ガーデンパーティ
出演アーティスト
Saya・塩入俊哉・齋藤順・遠山哲朗
会場
脇田美術舘 http://www.wakita-museum.com/event/event/saya/
会費
5,000円(フード・ドリンク付き ガーデンパーティも含む)
主催
脇田美術館/FM軽井沢
制作
Aoyama Music Associates/TFプランニング
特別協賛
プラウドフットジャパン株式会社
協力
メルシャン株式会社
お申し込み
参加ご希望の方は、セミナー並びにコンサート共々、氏名・所属団体・連絡先をご記入の上、info@mba-career.netまでお申し込み下さい。

講 師

宮下 篤志(みやした あつし)氏

立教大学講師、フェリックス・パートナーズ株式会社 代表取締役
 http://www.felix-partners.com/


MBAキャリアデザインセミナー「企業におけるMBA評価とその課題」

皆さん、こんにちわ。
Fコミュのキャリアコンサルタントをしております、庄司祐子です。

4年前、社会人大学院のMBAコースを修了後、MBAホルダーと企業側のギャップを感じ、国内MBAの価値向上を目指して、NPO法人MBAキャリアデザイン研究所を立ち上げました。

アカデミックな実態調査やMBAをキャリアに活かす為のセミナー、PRE-MBAとMBAホルダーの交流会の開催等の活動を行っています。
今月21日に開催予定のセミナーでは、企業におけるMBAの実態調査の結果発表、世界を視野に、国内のMBAの質を高めるために日夜努力を続けていらっしゃる伊藤先生の基調講演の後、MBAを取得後、更に活躍の場を広げていらっしゃるパネラーの方々によるパネルディスカッションを予定しており、内容も盛りだくさんです。
懇親会では、パネリストのお一人でもあります、最近起業された島田さんのお店のオムライスやビール・ワインもお楽しみ頂けます。

皆様、お誘いあわせの上、是非いらして下さい。お目にかかれます事、楽しみにしております♪
詳しい講演内容はこちらです。


NPO法人MBAキャリアデザイン研究所では、国内MBAの価値向上の為、MBAホルダーのキャリアデザイン研究等の活動を行っております。 

この度、第6回 MBAキャリアデザインセミナーを開催させて頂き度、ご案内申し上げます。 今回は、昨年実施しました「企業における国内MBAの評価」についてのアンケート調査の結果を発表いたします。基調講演では、「国内MBAへの今後の期待」と題し、青山学院大学名誉教授、青山学院学事顧問、ABEST21の理事長でもあられます伊藤文雄先生に、専門職大学院の教育の質の保証、今後の大学院の評価制度、期待される人物像等についてお話を伺います。 その後、企業人事関係者、人材紹介会社、国内MBAホルダー等による国内MBAに関する課題についてパネルディスカッションを予定しております。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

日時
平成20年6月21日(土) 13:00~
セミナー名
第6回MBAキャリアデザインセミナー
「企業における国内MBAの評価とその課題」
~国内MBAの活用に関する実態調査の結果から~
場所
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階 会議室
(交通:JR総武線「信濃町駅」駅前(徒歩1分)
プログラム
開場並びに受付     12:30~
実態調査結果発表    13:00~13:40
基調講演        13:45~15:15
パネルディスカッション 15:25~16:55
懇親会         17:00~19:00
会費
5,000円(懇親会費含む)
事前予約申込みの場合は4,500円
定員
80名
対象
キャリアアップに関心を持つ方、Pre-MBA、MBA就学者、MBA取得者、企業人事関係者
お申し込み
参加ご希望の方は、2008年6月12日(木)までに、氏名・所属団体・連絡先をご記入の上、info@mba-career.netまでお申し込み下さい。定員になり次第、締め切ります。

NPO法人MBAキャリアデザイン研究所サイト内 申し込みフォーム

基調講演

テーマ

「国内MBAへの今後の期待」

講 師

伊藤 文雄(いとう ふみお)氏

青山学院大学名誉教授/青山学院大学学事顧問/ABEST21理事長
 http://www.abest21.org/index.html

【ご略歴】

青山学院大学経済学部、同大学大学院経済学研究科修士課程、中央大学大学院商学研究科博士課程を経て商学博士。
1967年青山学院大学経営学部に就任し、1977年教授となる。1982年国際政治経済学部に移り、学部長を経て、2001年から2007年まで国際マネジメント研究科教授・研究科長務める。
中国東北大学兼総教授、米国テキサス大学ICC研究所Senior Research Fellow、文部省(現 文部科学省)大学審議会大学院部会特別委員などを歴任。 商学を専門とし、日本商業学会、日本経営学会、日本経済政策学会等に所属。

【著書】

「コモンズ研究」(同文館)、「現代商業学」(有斐閣)、「21世紀の中国」(サイマル出版会)他、多数。

パネルディスカッション(15:25~16:55)

テーマ

「国内MBAに関する課題」

コーディネーター

郡司 恭子(ぐんじ きょうこ)氏

慶応大学大学院経営管理研究科修了(MBA) 

【ご略歴】

青山学院大学文学部卒業。テレビ新広島(FNN系列)を経て、1997年慶応大学大学院経営管理研究科修了。ニールセン・コーポレーション、メディアメジャメント部門 最後のマネージャー。IQ3 ビジネスプランニング&アナリシスマネージャー。 Instinet社、マーケティング部長を経て、2004年から、フォーサイト21にてマーケティングディレクター。 パートナーシップマネジメント、マーケティング・コミュニケーション戦略を中心としたコンサルティングに従事。

パネリスト

修行 憲一(しゅぎょう けんいち)氏

日本大学大学院グローバルビジネス研究科修了(MBA)
 株式会社ジェイブレイン 代表取締役社長CEO


「女性MBAの活用法」10月10日東京ステーションコンファレンス

セピアタワーにてセミナー開催 
       ↓  
http://www.mba-career.net/event/index.html

NPO法人 MBAキャリアデザイン研究所では、国内MBAの価値向上の為、MBAホルダーのキャリアアップ支援等を行っております。 この度、当法人主催による第5回目のセミナーを開催させて頂き度下記の通り、ご案内申し上げます。

今回は、「女性の為のMBAキャリアデザイン」~「女性のキャリアにとってMBAの価値とは?」というテーマでセミナーを開催致します。基調講演では、慶応丸の内シティキャンパス初代校長でもあります、妹尾堅一郎先生にご講演を頂き、その後、各大学院の女性MBAホルダーによるパネルディスカッションを予定しております。 男女を問わず、皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。

日時
平成19年10月10日(水) 18:30~
場所
東京ステーションコンファレンス サピアタワー4階
(402-B+C)
http://www.tstc.jp/kisoku/index.html
プログラム
開場並びに受付 18:00~
基調講演 18:30~19:25 
パネルディスカッション 19:30~21:00

<基調講演>

テーマ
「女性のためのMBAキャリアデザイン」~「女性のキャリアにとってのMBAの価値とは?」
講師
妹尾 堅一郎(せのお けんいちろう)氏
東京大学 国際・産学共同研究センター客員教授 / NPO法人産学連携推進機構 理事長

【ご略歴】

慶應義塾大学経済学部卒業後、大手化学メーカーを経て渡英。英国国立ランカスター大学経営大学院システム・情報経営学博士課程修了。産能大学経営情報学部助教授、慶應義塾大学助教授、同大学知的資産センター副所長、慶應学術事業会代表取締役、慶應丸の内シティキャンパス初代校長、同大学大学院政策・メディア研究科教授を経て、 2003年東京大学 先端科学技術研究センター特任教授。2007年4月より現職。

【著書】

経営管理学-世界のMBA 企業と社会の共生を実現するビジネスストラテジーを身につける(アルク)研究計画書の考え方-大学院を目指す人のために(ダイヤモンド社)、知的情報の読み方(水曜社)他多数。
http://www.ipnext.jp/academia/keyperson/seno_profile.html

<パネルディスカッション>

テーマ
「女性のキャリアにとってMBAの価値とは?」~キャリアアップに役立ったか?
慶応大学大学院経営管理研究科卒(MBA) - 郡司 恭子氏
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科卒(MBA) - 高橋 恵代氏
多摩大学大学院卒(MBA) - 大住 一枝氏
筑波大学大学院経営政策科学研究科卒(MBA)- 渡邊 壽美子氏
会 費
4千円(税込み)
*事前予約申込みの場合、3,500円(2007年10月1日迄にお振込み下さい)
お申込み
参加ご希望の方は、2007年10月1日(月)迄に、氏名・所属団体・連絡先をご記入の上
info@mba-career.net もしくは http://www.mba-career.net/event/index.html からお申し込み下さい。

主催 NPO法人MBAキャリアデザイン研究所事務局 http://www.mba-career.net/


vol.7「これから転職を目指す方へのアドバイス - 転職のタイミング」

あなたが転職を考えた時、それはどんな時でしょうか?

上司とウマが合わないと感じた、もっと他の仕事をしてみたい、もっと他の可能性を試してみたい、自分がやりたい事が今の職場環境にはない、会社が面白くない、会社の業績が芳しくなく不安を感じ始めた、プライベートな問題から辞めたい、等など数えだしたらきりが無い程、その理由は人によって様々で、山ほど出てくることでしょう。


vol.6「これから転職を目指す方へのアドバイス - 若い20代の方々の転職」

特に今の若い20代の方々のキャリアに対する考え方に関しては、一世代前とは大きく隔たりがありますよね。

3年位で簡単に会社をあっさり辞めてしまう。何だかもったいないなーと思うことがしばしばです。ある意味で我慢するという事、忍耐力が欠けているのではないかと思ってしまいます…。