ペーテリス・ヴァイヴァルス氏インタビュー 番組一覧&プロフィール

Peteris Vaivars氏インタビュー 番組一覧&プロフィール

駐日ラトビア共和国大使

ペーテリス・ヴァイヴァルス氏

Peteris Vaivars

ペーテリス・ヴァイヴァルス氏


1991年にソ連から独立を回復し、今年建国90周年を迎えるラトビア共和国。
バルト海に面し、エストニア、ロシア、ベラルーシ、リトアニアと国境を接するラトビアは、建国を手伝った当時の若い市民が現在の要職に着いているため、初代駐日ラトビア共和国大使を務めるペーテリス・ヴァイヴァルス氏も若くエネルギーに溢れ、大使としては異色のエンジニアの経歴を持つ。
ゼロから大使館を立ち上げ、ラトビア建国も経験しているペーテリス・ヴァイヴァルス氏がラトビアと自身の経験を織り交ぜてキャリアを熱く語る。

ソ連崩壊、ラトビア建国、という激動の時代の真っ只中を生きてきたペーテリス・ヴァイヴァルス氏は、現在駐日ラトビア共和国大使の職に就いているが、大使としては異例の経歴を持つ。
ラトビアが国として変わり行くときが自らのキャリアを決める時でもあった大使が取った決断とは。

第1話「エンジニアから大使への転職」~ソビエト崩壊で新生するラトビア

  • エンジニアからの転職
外交の仕事に限らず一人何役もこなしながらヨーロッパ各国の大使を務めていたところで、ある日日本での大使館立ち上げ準備の命をうける大使。
準備をしているうちに自分が大使に抜擢され日本にとどまることになる。

第2話「大使館をゼロから立ち上げるという大任を受け・・・」~準備をしていたら大使に抜擢

  • ゼロからの大使館立ち上げ
  • 戦前は発展していたラトビア
日本とラトビアの違いのひとつとして、ラトビアでは若者が要職に就き、若いパワーで国家の迅速な発展に尽力していること。
後半は、日本とのビジネスの可能性として大使が提案するするものとは・・・

第3話「あるべき姿にもどりつつあるラトビア」

  • あるべき姿にもどりつつあるラトビア-復興~日本とのビジネスの可能性
  • あるべき姿に戻りつつある母国
  • ラトビア経由のロシアとの取引のススメ
ペーテリス・ヴァイヴァルス(Peteris Vaivars)氏 プロフィール

1963年ラトビア共和国Rujiena生まれ。

リガ工科大学でオートマチックとコンピュータ技術を学ぶ。

外務省勤務、ウクライナ、モルドバ、ルーマニア、セルビア、モンテネグロ等の大使を経て、

2006年より駐日ラトビア共和国大使を務める。

ラトビア語、ロシア語、英語の3ヶ国語を自由に操る。

——————————————————–

駐日ラトビア共和国大使館・総領事館

ラトビア共和国大使館

Embassy of the Republic of Latvia in Japan

〒150-0047 渋谷区神山町37番11号、プリマヴェーラ神山A号室

電話:03-3467-6888

特命全権大使 ペーテリス・ヴァイヴァルス 閣下

His Excellency Mr. Peteris VAIVARS

在大阪ラトビア共和国名誉領事館

Honorary Consulate of the Republic of Latvia in Osaka

〒530-8241 大阪市北区梅田3-3-5

電話:06-6342-1396

名誉領事:東郷 武 氏

Mr. TOGO Takeshi

管轄区域:滋賀、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫

在旭川ラトビア共和国名誉領事館

Honorary Consulate of the Republic of Latvia in Asahikawa

〒070-0037 旭川市7条通13丁目60-19

電話:0166-25-5880

名誉領事:井下 佳和 氏

Mr. INOSHITA Yoshikazu

管轄区域:北海道

在那覇ラトビア共和国名誉領事館

Honorary Consulate of the Republic of Latvia in Naha

〒902-0064 沖縄県那覇市寄宮1-8-50

電話:098-832-5023

名誉領事:翁長 良光 氏

Mr. ONAGA Yoshimitsu

管轄区域:沖縄

トラックバックhttp://career-finders.net/videocast2/p-vaivars/p-vaivars_profile/trackback/