「ダニエル・ピンク [Daniel Pink]」の記事一覧

D Pink氏インタビュー 番組一覧&プロフィール

アメリカ人ジャーナリスト

ダニエル・ピンク氏
Daniel Pink

D Pink氏


自らフリーエージェントとなったピンク氏が語る雇われない生き方。

第38回 ダニエル・ピンク氏 「ホワイトハウスからフリーエージェントへ」

今回よりスペシャルゲスト アメリカ人ジャーナリスト ダニエル・ピンク氏をお迎えしています。

ピンク氏はゴア副大統領の首席スピーチライターを務め、その後フリーとなり「ハイコンセプト」や「フリーエージェント社会の到来」の著者で、現在アメリカのベストセラー作家として活躍していらっしゃいます。

1990年代にゴア副大統領などの首席スピーチライターとして勤務し、その後その仕事があまり好きになれなかったために辞めることになり、自分のために働くことを決意する。そしてアメリカで自分と同じ決断をした人々が…

第1話「ホワイトハウスからフリーエージェントへ」

  • 周囲からの評価の判断基準
VideocastPodcastRSSアイコン

RSSを利用してiTunesやiPodで視聴する時はRSSアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップ。ダウンロードしてその場で1話のみ楽しむときはVideocast, Podcastそれぞれのボタンをクリックしてください。

第39回 ダニエル・ピンク氏 「フリーエージェントに保障なし?」

前回に引き続き、スペシャルゲスト アメリカ人ジャーナリスト ダニエル・ピンク氏をお迎えしてお話しを伺います。
ピンク氏の著書「フリーエージェント社会の到来」の中から以下の内容をお届けします。

会社との契約は変化していったが、一方で面白いのが忠誠心の概念で、実際のところ日本ではかなり強いコンセプトである。フリーエージェント世界には忠誠心がないと言う人もいるが、それは全くの誤りである。

第2話「フリーエージェントに保障なし?」

  • 型から横型へ変化した忠誠心
  • フリーエージェントに保障なし?
VideocastPodcastRSSアイコン

RSSを利用してiTunesやiPodで視聴する時はRSSアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップ。ダウンロードしてその場で1話のみ楽しむときはVideocast, Podcastそれぞれのボタンをクリックしてください。

第40回 ダニエル・ピンク氏 「見返りなしでも会社にとどまる?」

全4回にわたりスペシャルゲスト アメリカ人ジャーナリスト ダニエル・ピンク氏にお話しを伺っています。第3話は引き続きピンク氏の著書「フリーエージェント社会の到来」より、以下の内容をお届けします。

フリーエージェントの増加現象を巻き起こしているものの多くは、経済的な価値よりも心理的なものにある。何故今現在していることをする決断を下したかを聞いてみると、彼らははっきりしたビジネス関連の話をするわけでもなく、むしろライフスタイルの価値を反映するものなど違う話をする。

第3話「見返りなしでも会社にとどまる?」

  • フリーエージェントになる理由
  • 見返りなしでも会社にとどまる?
VideocastPodcastRSSアイコン

RSSを利用してiTunesやiPodで視聴する時はRSSアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップ。ダウンロードしてその場で1話のみ楽しむときはVideocast, Podcastそれぞれのボタンをクリックしてください。

第41回 ダニエル・ピンク氏 「フリーエージェントの成功とは?」

全4回にわたりスペシャルゲスト アメリカ人ジャーナリスト ダニエル・ピンク氏をお迎えしてお話しをお聞きしてきました。第4話はピンク氏の著書「フリーエージェント社会の到来」より以下の内容をお届けいたします。また、最新作「ハイ・コンセプト」についてのお話しを2008年春頃にお届けする予定です。

皆自分なりの成功を定義したがる。それを貨幣価値で見る傾向があるが、私がインタビューした人々でがむしゃらに働きボーナスをもらって、仕事を辞める人々は沢山いた。というのもボーナスをもらっても、依然として仕事を好きになれないからである。際立った功績の報酬として企業が役職を上げると考えがちであるが、特にクリエイティブや技術的な仕事に就いている人は、昇格は最悪と思っている人が多い。

第4話「フリーエージェントの成功とは?」

  • フリーエージェントの成功とは?
VideocastPodcastRSSアイコン

RSSを利用してiTunesやiPodで視聴する時はRSSアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップ。ダウンロードしてその場で1話のみ楽しむときはVideocast, Podcastそれぞれのボタンをクリックしてください。

D Pink氏インタビュー 番組一覧&プロフィール

D Pink氏インタビュー 番組一覧&プロフィール

アメリカ人ジャーナリスト

ダニエル・ピンク氏
Daniel Pink




「情報化の時代」から「コンセプトの時代」へ。これまでの思考の殻を破った「ハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)の時代」これから求められる「6つの感性」とは?
「21世紀にまともな給料をもらって、良い生活をしようと思ったときに何が必要か、何をしなければならないかー本書は『100万ドルの価値がある質問』に初めて真正面から答えを示した、アメリカの大ベストセラーである。」(大前研一)今や、世界各地から講演、講義で引っ張りだこのダニエル・ピンク氏の著書「A Whole New Mind」(「ハイ・コンセプト」大前研一訳) の中身を著者自ら語って頂きます。

第64回 ダニエル・ピンク氏 「ハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)の時代」

今回より昨年に出演いただいたスペシャルゲスト アメリカ人ジャーナリスト ダニエル・ピンク氏の続編をお送りします。ピンク氏はゴア副大統領の首席スピーチライターを務め、その後フリーとなり「ハイ・コンセプト」や「フリーエージェント社会の到来」の著者で、現在アメリカのベストセラー作家として活躍していらっしゃいます。

ピンク氏はゴア副大統領の首席スピーチライターを務め、その後フリーとなり「ハイコンセプト」や「フリーエージェント社会の到来」の著者で、現在アメリカのベストセラー作家として活躍していらっしゃいます。

「左脳主導思考」は今も必要であるが、もはやそれだけでは十分ではない。成功するためには「右脳主導思考」がますます重視される時代を迎えつつあるという。右脳・左脳それぞれの機能、役割分担を冷静に分析しつつ、時代の変化に伴い、今後、求められる能力「ハイ・コンセプト」について、語って頂きます。

第5話「ハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)の時代」

  • 左脳中心時代
  • 右脳逆転の裏に
VideocastPodcastRSSアイコン

RSSを利用してiTunesやiPodで視聴する時はRSSアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップ。ダウンロードしてその場で1話のみ楽しむときはVideocast, Podcastそれぞれのボタンをクリックしてください。

第65回 ダニエル・ピンク氏 「アジアを取り巻く実情」

前回に引き続き、スペシャルゲスト アメリカ人ジャーナリスト ダニエル・ピンク氏をお迎えしてお話しを伺います。

インドのプログラマーは、欧米と同じ仕事を4分の1の報酬でやってしまう。インドの人口15%が中流になったと仮定したら、1億5千万人、日本の総人口を上回る。これは何を意味するか?
ホワイトカラーが従事する左脳型ルーチンワークの大部分が今では、アジアの国々で驚くほど安いコストで行われている現状を前に…。をお送りします。

第6話「アジアを取り巻く実情」

  • インドのパワー
  • ホワイトカラーも失業?
VideocastPodcastRSSアイコン

RSSを利用してiTunesやiPodで視聴する時はRSSアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップ。ダウンロードしてその場で1話のみ楽しむときはVideocast, Podcastそれぞれのボタンをクリックしてください。

第66回 ダニエル・ピンク氏 「『アジア・自動化・豊かさ』にみる右脳的思考」

全4回にわたりスペシャルゲスト アメリカ人ジャーナリスト ダニエル・ピンク氏にお話しを伺っています。

これからのビジネスマンを脅かす「3つの危機」。原因は「アジア・自動化・豊かさ」によって引き起こされ、その結果、「左脳主導思考の相対的な重要度が低下し、右脳主導思考の重要度がました」という。私達の生活がオートメーションやアジアといった要素に追い立てられ、豊かさによって作り替えられるとどうなるのか?と警告を発しています。

第7話「『アジア・自動化・豊かさ』にみる右脳的思考」

  • ビジネスマンを脅かす自動化の波
  • 豊かさの中で勝ち抜くには
VideocastPodcastRSSアイコン

RSSを利用してiTunesやiPodで視聴する時はRSSアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップ。ダウンロードしてその場で1話のみ楽しむときはVideocast, Podcastそれぞれのボタンをクリックしてください。

第67回 ダニエル・ピンク氏  「『6つの感性』に成功の鍵が…」

全4回にわたりスペシャルゲスト アメリカ人ジャーナリスト ダニエル・ピンク氏の続編をお送りいたしました。

「情報化社会」から「コンセプチュアル社会」、つまり、既成概念にとらわれずに新しい視点からも物事をとらえ、新しい意味づけを与えていくという流れ「第四の波」の時代にあって、これからの成功者と脱落者を分ける3つの「自問」の後、我々が身につけていきたいハイ・コンセプトでハイタッチな「6つのセンス」が新しい時代に不可欠な感性である。これらは誰でも身につけることができる資質であると語っています。

第8話「『6つの感性』に成功の鍵が…」

  • 求められる能力の変化
  • 「6つの感性」とは
VideocastPodcastRSSアイコン

RSSを利用してiTunesやiPodで視聴する時はRSSアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップ。ダウンロードしてその場で1話のみ楽しむときはVideocast, Podcastそれぞれのボタンをクリックしてください。

D Pink氏 おすすめの一冊

D Pink氏 新刊リリース

Fコミュに2度に渡りゲスト出演いただいているダニエルピンク氏の新刊リリース “The Adventures of Johnny Bunko: The Last Carrer Guide You’ll Ever Need” 全米の書店でデビュー The Wall Street Journal や全米各局のラジオ等のメディアから漫画のキャリア本として注目を集めています。
日系人の主人公Johnnyがキャリアに悩んでいるところに、秋葉系のコスプレ妖精が登場してアドバイスをもらうことになる…。
自分の人生、キャリアを見直すきっかけを与えてくれる斬新なビジネスマンガです。

Johnny Bunko trailer from Daniel Pink on Vimeo.