竹内秀夫氏インタビュー 番組一覧&プロフィール

竹内氏のお店 表参道bamboo小笠原伯爵邸では新たな人材を募集しています。詳しくは、bamboo採用情報ページをご覧ください。

礼法の宗家で有名な小笠原伯爵の本邸を75年ぶりに蘇らせた、レストラン経営の巨匠「起業家 竹内秀夫氏」人生の軌跡をたどる…

第1話「社長の人生哲学・起業のきっかけ」

  • 社長の人生哲学
  • 起業のきっかけ
単身渡ったアルゼンチンでは、危ない橋を渡り帰国後は父親の会社が倒産寸前! 様々な危機を乗り越え、修羅場に燃える経営者

第2話「様々な危機を乗り越え」

  • アルゼンチン時代の経験
  • ピンチをチャンスに
  • ライトバンに乗って役員会へ
人と物を大切にする優しさとこだわり、研ぎ澄まされたビジネス感覚・知恵とをバランスよく併せ持つ志ある経営者

第3話「インターナショナル青和ってどんな会社?」

  • インターナショナル青和ってどんな会社?
  • 社員を大切にするカンパニー
  • 企業ポリシー
  • 若者へのメッセージ
竹内 秀夫(たけうち ひでお)氏プロフィール

1945年、石炭事業で財を成した家の長男としてベトナムに生まれる。学習院大学卒業後、父の会社に入社するも3ヶ月で退職。

68年、オナシスに憧れ、単身渡ったアルゼンチン、当時の外務大臣と知り合い、彼の勧めで、闇のドル両ビジネスを始める。しかし、政変で大臣は追放、自身も一時拘束される。釈放後、手元に残った資金でヨーロッパのアンティークを買い付け、帰国。その後、父親の会社が同属支配や詐欺被害に遭って、倒産の危機に直面。父の死後、自身が社長になり回復に努めるが、巨額の負債の為、第三者に会社を譲渡。別会社としてあった喫茶店経営に自ら乗り出し、喫茶店をパブに変え、多額の借金を半年でV字回復させた。

76年、インターナショナル青和を設立。自宅を改装し、サンドイッチハウス「バンブー」を開業。日本初のオープンカフェとして、長く愛される。

2004年「表参道バンブー」と改名し、ウェデイングも兼ねたレストランに改装。

96年、箱根にイタリアンレストラン「アルベルゴバンブー」をオープン。建物は、イタリアの建築様式にのっとり、建築資材、家具や各種装飾類まで、イタリアに買い付けに行き、本物のイタリア製にこだわり、構想から完成までに8年の歳月をかけた。

2002年、東京都からの小笠原伯爵邸(昭和2年完成)の修復事業の入札に応募。数ある設計事務所、建築会社の中から選ばれ、2年間の修復作業の後、スペイン料理店「小笠原伯爵邸」として、見事に蘇らせた。この作業は、歴史的建造物保存事業の成功例として、高く評価されている。